2006年06月09日

中澤氏への反論

中澤氏はこのように検証結果を公表していますが、いまだに「予言」を事実として引用している書籍が刊行されているほか、ネットでは「検証を否定する」言文が見られます。

検証を否定する側の主張を簡単にまとめると
  • 新聞で報道されるようなものではなかった
  • 講演で述べたものではない
  • 改造社が出版する雑誌「改造」に掲載されていた
となります。

このような主張をしている書籍・ネットでの言文は下記のようになります。



Let's blow!毒吐き@てっくのテキスト内容の引用
2005年11月28日
アインシュタインの予言

アインシュタインの予言(あるいは、「世界の盟主」)
    
 近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。
 一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。
 私はこのような尊い国が世界に一ヶ所ぐらいなくてはならないと考えていた。
 世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて、最後の戦いに疲れる時が来る。
 その時人類は、まことの平和を求めて、世界的な盟主をあがなければならない。
 この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。
 世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
 それにはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
 われわれは神に感謝する。
 われわれに日本という尊い国をつくっておいてくれたことを

みんな、こんな文章見たことあるはず

あっしゃあ、原爆の張本人に何言われてもうれしくも何ともないけどね、別に

で、ちょっと詳しい人は、今、この「アインシュタインの予言」ってのがある勢力によってガセネタ扱いされてるのを知ってると思う

「アインシュタインの予言」でググって(検索して)みて・・・
東大のドイツ文学の中澤英雄さんの意見が出てくるはず
で、これを広めて回ってるバカがいる

だーれも反論しないのか?
国粋主義者の作り話だと?

『日本とは如何なる国ぞ』(昭和三年)なんて、今じゃだーれも持ってないような本から引用して、「九条の会」の中澤さん、「ガイア意識が地球を救う」なんてわけわからんこと言うとるオッサン・・・中澤英雄さんが勝手に論を立ててる

アインシュタインと日本 Part 3

今、ググって見たらここでもこれを利用してリンクコピペ貼ってる奴がおった

もともとは、この高田 Bebsonっていう人がそこら中に言いふらしてたらしい
自分で一次資料集めた上でガセと断定してるんだろうか、この人は

情けない・・・誰も反論する奴はおらんのか?
その中澤さんの資料の引用はあってるのか?

増田俊男は何しとる?

中澤さんのツレの藤原肇さんはどう思ってる?

藤原さんの天敵の副島さんは?

藤原信者はどうしてる?

と、煽るだけ煽ってみるテスト

言っとくけど、高田って人が尋ねてきても相手しないよ
先生方の反応を高みの見物することにしてるし
訊かれても、教えてあげない
勝手にふれまわってればいい
中澤先生ご本人だったら、先生がお持ちでない資料見せてさしあげます
 
中澤先生
自分しか持っていないと高をくくって、都合のいい引用でいいかげんなこと言わないでください

別に、我が国に落とした原爆の元凶であり、ジューイッシュのアインシュタインが何を言おうが、私にとってはありがたくもなんともありませんが、あなたはどうしてそんな妄想にこれほどまでの執念を燃やされるのでしょうか
あなたほどの方が何の考えもなしに、どこかの安物左翼がしているような、為にする日本のあら探しをおやりにはなりますまいから

里見岸雄博士のお父さんの田中智学さんの誹謗をされたときには、当方にも考えがあります
ところで、文中で著者名を田中巴之助と書かずに
 【アインシュタインの予言】の元となったのは、田中智学の『日本とは如何なる国ぞ』(昭和三年)という本にある次の文章である。
と、お書きになっているのは、何か了見あってのことでしょうか

投稿者:tech : 2005年11月28日 01:10

コメント: アインシュタインの予言
昨日、皇室典範を考える集いで、平沼先生がこのアインシュタインの予言を話されてました。一生懸命議員に働きかけているようですが、ことの重大さを理解してない人が多いようです。すごく心配。「国会に提出させたくない」とおっしゃってましたが、そんな平沼先生もいない自民党ではどうなることやら…。

一時てっくさんのサイトにアクセスできない時は心配しました。その後何事もないようなのでホッとしてます。

投稿者 shionos : 2005年12月01日 14:25

shionosさん、ご心配おかけしました
平沼先生は騏一郎先生に聞いて、ご存知なのかもしれません
田中巴之助さんの本を引き合いに出して、中澤英雄さんがそこからの創作だと言いがかりつけてますが・・・
あれの発行は昭和3年、もともとのアインシュタインの言葉は大正11年ですから
改造社が招聘したときに残された言葉なんですが、中澤さんは新聞しかチェックしてないみたいです
というか、始めに結論ありきの、これまた為にする論の立て方ですね
私はオタなので、改造もその他の文書も持ってます

ともあれ、ご心配ありがとうございました


投稿者 てっく : 2005年12月01日 21:22

はじめまして。ほぼ毎日拝読させていただいております。
頭悪くてよく解らないんですが、このアインシュタインの言葉は本物ですか?
ちゃんとしたソースは残ってないのでしょうか?
以前この話を友人に話したことがあるんですが、今後話してもいいものかどうか・・・。


投稿者 一読者 : 2005年12月12日 02:47

一読者さん、大丈夫ですよ

ただ、
http://blog.livedoor.jp/sazan1216/archives/18603561.html#trackback

http://www.shuwary.com/mt/m-t-t-b.cgi?__mode=view&entry_id=75

http://d.hatena.ne.jp/yuppii/20050719

こういう、世界政府とか靖国代替施設とかぬかしてらっしゃる(笑)デンパさんに仕掛けしてますんで、最後に中澤さんが引っかかるまでソースは明かせませんが

多分、地球市民の中澤センセの耳にも届いていることでしょう
ということで、現時点で手の内が明かせないのが残念です


投稿者 てっく : 2005年12月12日 09:33

こんにちは (^^)/。
 1967年発行の大本教学研鑽所編 『大本のおしえ』 に 「スタイン博士」 の言葉として出てきているのですけれど、どうしたものでしょうか?

http://www.kumanolife.com/History/ain.html

投稿者 オラ : 2005年12月18日 02:01

オラさん
時期がきたら、いろいろ公開します
今はまだ、その時期じゃないので、ご期待に添えずすみません

投稿者 てっく : 2005年12月18日 22:55

てっくさん、先ほどはPRIDE OF JAPANの方での返信ありがとうございます。
どうやらてっくさん的には確証を持っておられるようですが、現状では(すくなくともネット上には)例の文言を裏付けるものが無いということでしょうか??
とにかく公開を楽しみにしています。

投稿者 うにょ大佐 : 2005年12月19日 00:50

うにょ大佐さん、はじめまして

なかなかご本人が引っかからないんですよね・・・
コテンパンにやっちまいたいんですが

投稿者 てっく : 2005年12月19日 01:35

また「アインシュタインの予言」に文句つけてるよ^^|きちが石根のテキスト内容の引用
また「アインシュタインの予言」に文句つけてるよ
テーマ:今日のよろしくない事
これ定期的に文句いう人が現れる面白い現象なんですが
ネットで流行「アインシュタインの予言」、人違い?http://www.asahi.com/national/update/0607/TKY200606070141.html
(もちろん朝日)
この中澤某というのは九条の会だかなんだかの完全な左巻きの人で
前からこの「アインシュタイン博士のメッセージ」の人気が気に食わな
かったみたいですね。
これは正式な掲載名は「世界の盟主」っていうんだけど
一部で言われているような講演会での言葉ではなくて
雑誌『改造』にアインシュタイン博士が寄稿した文です。
(もちろん、講演中にも発言されたかもしれませんが
一次資料がないので知りません。)
雑誌『改造』?なんかあやすぃーとか思われそうな名前ですが
この改造社ってのは今で言うところの
文芸春秋とか中央公論とかみたいなメジャーなところで
今で言うところの進歩的文化人に支持された急進的社会主義色
の強い雑誌でありました。
でなんで『改造』なのかというと
アインシュタイン博士来日講演の企画はこの『改造社』が
主体的に推進したのです。

今で言うなら
主催・協賛 朝日新聞
みたいなもんです。

ですんでこの「来日講演」の博士への依頼も
滞在の世話もこの「改造社」の手配でしてるんですね。
ですんで博士が来日後、『改造』にメッセージを送っても
別におかしい話では無いわけです。
そして翌年の雑誌『改造』で公開されたわけです。

私がはじめてこの話を聞いたのは随分昔の話ですが
たしか千葉大の清水教授(当時)の講演会でした。
ええ、出典伺いましたよ。
他の方もおっしゃってましたが雑誌『改造』です。
もちろん調べましたよ(事のついでですが)
ありました^^
改造社というのは有名な横浜事件後、廃刊分解^^するんで
当時の社の保存資料は非常に少ないわけです。
(廃刊理由が理由ナだけに)
ですが雑誌『改造』は当時非常に人気のあった雑誌ですので
(円本ブームっていうのがありました)
戦後たくさん出てきました。
はい。
某に言いますけど
国会図書館でもどこでも行って探した?

追記
博士は約一月半滞在しましたが
滞在中に雑誌改造『アインシュタイン博士来日特集号』
発行。計4度の増刷を重ねた。
件の言葉は博士離日後の翌年の第3版から掲載されている。
またその博士のメッセージは改造社社長山本実彦への書簡
が典拠となる。
滞在中は常に山本社長が随行し夫妻とは家族ぐるみの親しい
間柄となる。

注*よく出てくる稲垣守克氏というのは
単に博士の通訳として紹介されるケースが
多いですが、正確には「改造社社員」です。
-------------------------
追記
コメ無いし興味のない話かなと思ったらアクセスがいっぱいでびっくりです。

この話は私のお気に入りに入れているクライン孝子さんの日記で知りました。
私の気持ちは単純です。
いい話なんだからほっとけよ。・・・です。
あ、言いますと中澤某というのはまんまとはまった訳ですね。
最初に願望とする結論がありそれに向かって調べたのではないでしょうか?
だからわかったようなわからないような否定になっているのです。
ネタばらししますと、
アインシュタイン博士のメッセージ書簡は事実です。
ただし、改造での取り扱いは実は非常に小さいものです。
なぜならその他の改造読者向けの投稿の方が大切だったからです。
不思議でしょ。
こんないいメッセージなのに。

答えは・・・このメッセージは当時の儀礼的文書の雛形の一部なのです。
民間・政府間問わず、似たような儀礼文は探せば色々出てきます。
時間があれば当時の外交文書とか色々探してみてください。
今の時代から見ると改造社は左翼じゃないかって?
なのに皇室礼賛記事?
そうです、左翼です。
しかし左翼=反天皇(制)っていうのは後に生まれた概念で
無政府主義論的なそれとはまた違います。
ですので当時急進的な社会主義思想をもった媒体でも
反王制的な概念を持つ思想というのものは
我が国ではほとんど見られません。
急速に左翼=反王制(天皇)というイデオロギーが構築されていったのは
マルクス主義ではなくソビエトという国が生まれてからです。
中澤某は一系の天皇=軍国主義みたいな指摘して、
だから平和主義者のアインシュタイン博士が天皇を誉めるわけが無い
っていうようなツボにはまっています。
平和主義者でありかつ、王室=軍国主義という固定概念を持っているのは
日本の平和主義者ぐらいのものでしょう。
ですので改造が我が国皇室の事を含んだメッセージを掲載するのは
不思議でも何でもありません。
話は戻って
アインシュタイン博士の来日は民間主導で行われていますが
博士の人気と複雑な時代背景もあって公賓扱いであったのは事実です。
当時の時代背景は
第一次世界大戦のドイツ敗戦から日も浅く
戦勝国日本との外交交流は非常に神経を使うものであったようです
当然博士だけの自由な講演旅行ではありませんでした。
このあたりの注釈の意味は賢明なみなさんはわかりますよね?
--------------
それとネット上にあるちょっと誤解があるんではないかという部分について一言。
中澤さんの論文?にもありますが
ガキ=稲垣守克氏は単なる通訳ではなく改造社社員です。
それと中澤さんが揚げ足取っている
名越二荒之助氏の著書の「世界の盟主」部分についてですが
名越氏は根拠のないことは書かれませんよ。
それと稲垣守克氏とは面識がおありだと思います。
-----
ちょっとそれますが稲垣守克氏について
世界連邦の事が引き合いに出されていますが
いまでこそ世界連邦運動は左翼の巣窟の様になっていますが
発足当時はイデオロギーに影響されない崇高な理念で
展開していた国際的な運動だったと思います。
アインシュタイン博士来日時に終始博士に随行された稲垣守克氏は
後に世界連邦建設同盟の理事長に就任されます。
そうです。稲垣守克氏はアインシュタイン博士の書簡の事もご存知で
来日時の記録についてはもっとも詳しい方です。
さてその世界連邦建設同盟の事務局長に就任されたのは
故田中正明氏です。
そうです、中澤さん等が最も嫌う、中澤さん等が言うところの”右翼”です。
(私からすれば本来いたって中庸では?)
さて先の名越氏と故田中氏は憂国の士として深く交流されているのは
ご存知でしょうか?
そして稲垣守克氏と故田中氏の関係は言わずもがなです。
アインシュタイン博士の逸話は稲垣守克氏にも確認されての事でしょう。
ただ、「世界の盟主」は先に述べたとおり、当時としては
一般的に知られたテンプレート文であり大きな話題ではありませんでした。
しかしながら博士が日本及び日本人に対して抱かれた感情・想いは
儀礼を准える以上のものがあったのは間違いないでしょう。

もう一度
いい話なんだからいいじゃないの?
posted by ein at 08:50 | TrackBack(1) | 検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック


Excerpt: アインシュタインの予言アインシュタインの予言(あいんしゅたいんのよげん)とは、アルベルト・アインシュタイン(1879年3月14日 - 1955年4月18日)の発言として流布されている約300文字程度の..
Weblog: むべなるかな都市伝説
Tracked: 2007-10-19 14:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。